FMメディカルサポート|大阪

よくある質問

植物工場について

Q.「砂栽培農業」は「土耕栽培」や「水耕栽培」(植物工場)に比べて何が違いますか?
A.

「農業の基本は土」であることは間違いありません。「砂栽培」や「水耕栽培」はいわば「亜流の農業」であることは否めません。

しかし、なぜ、水耕栽培などが注目を浴びるかといえば、新規農業参入の場合、土作りが農業の素人にはかなり難しいからです。また、農地の借用や取得の壁が結構高くそれが新規農業参入を妨げており、結果「生産性の高い植物工場」が脚光を浴びることになったようです。「砂栽培農業」の基本は「水耕栽培=養液栽培」です。培地を砂にすることにより、葉菜類以外の農産物が生育できるようになっています。

葉菜類中心の水耕栽培とは違ったやり方が「砂栽培」です

「砂」は、土と違い、同じ「砂」を半永久的に使用できることも特徴です。

Q.水耕栽培は新聞やマスコミでよく報道されていますが、「砂栽培農業」は初めて聞きますが?
A.

水耕栽培は、大手の小売業や居酒屋全国チェーンが多大な投資をかけて行うケースが多く、それが、マスコミ受けするようです。大規模設備は目立ち、それだけ生産性も高いのですが、投資金額が高額で、中小規模の企業や個人ではかなり難点があると思います。

砂栽培農業はどちらかといえば、中小規模の農業希望者に合っていると思われます。

また、水耕栽培はほとんど「葉菜類」が中心ですが、「砂栽培」では、「葉菜類」はもちろん「果菜類」まで幅広く生育でき点が特徴です。

Q.施設園芸農業をしていますが、高齢化しており、そんな人でも「砂栽培農業」はできますか?
A.

農業をされていて、ビニールハウス設備をお持ちの方が現時点では最適の方だと思います。

最も費用がかかるのが「ビニールハウス」です。

自前でお持ちの方は、その部分の費用がかかりません。ビニールは張り替える必要が合うかも知れませんが、後は内部設備の費用だけで済みます。

また、高設栽培ですし、「ファンコイル(ラジエーター式空調機)」を導入すれば、ハウス内の温度を一定に出来ますので、快適に作業が出来ます。高齢の方でも大丈夫です。

ただし、機械の操作やコントロールのためにコンピューターを使用しますので、そちらの操作も覚えていただく必要はあります。